口内環境が悪化する5つの原因

口内環境が悪化する原因は、虫歯や口臭の原因と同じです。

そのため、口内環境が良くなれば悪玉菌も悪さをしなくなるので、虫歯や口臭など口の中のトラブルを防ぐことができるだけでなく、体の健康へと繋がっていきます。

つまり、口の中が不健康なら体も健康にはならないということ。

では、毎日歯磨きをしていても口内環境が悪化してしまうのはどうしてなのでしょうか。

重要な5つの原因をあげていきます。

 

口内トラブルが気になる!この5つに要注意!

1.間違った口内ケア

きちんと歯磨きもしているし、マウスウォッシュとかも使っているのに改善されないというときは単純に、その口内ケアが間違っている可能性があります。

例えば、殺菌剤=菌を殺してくれるというイメージだけしかないかもしれませんが、菌というのは悪い菌だけではなく良い菌も殺してしまうので、結果的には口内環境がよくなるとは言い切れません。

また刺激が強いものや成分によっては、お口の中にダメージを与えてしまいます。

きちんと使う物を選び、正しいケアを心がけましょう。

 

2.生活習慣

規則正しい生活なんて無縁!という人もいますが、運動・睡眠・食事というのも口内環境に影響します。

運動も?と思うかもしれませんが、運動不足は不健康になるだけでなく、血行が悪くなったり免疫力が低下したりと、体へさまざまな影響があるので、腸内や口内と健康に重要な役割のある部分が不調になってしまうのです。

また食事は脱灰と再石灰化のリズム、睡眠は疲れやストレス解消とメンテナンスにとって重要になるので、すべてが繋がっています。

 

3.ストレス

ストレスは体のあらゆるところに悪影響を及ぼしますが、口の中も同じです。

最近では、大人だけでなく子供もストレスは口内環境の悪化の原因とひとつになっていますが、ストレスは唾液量が減らしてしまうので悪玉菌が増えます。

緊張すると口の中が乾くことがありますがそれと同じで、口臭が気になる人は、口の中が乾くと更に口臭が気になったりと悪循環を繰り返すし、乾いた口は粘つきが気になることも。

水分を補給することも大切ですが、唾液を増やすことがもっと大切です。

 

4.食事

先ほど2の食生活で食べる時間が脱灰と再石灰化に影響すると言いましたが、それだけでなく食べ物が酸も口内環境に影響します。

酸は歯を溶かしてしまうので、酸性の食べ物や飲み物には注意が必要!

小さなお子さんでもスポーツドリンクが原因で酸蝕歯になることがありますが、大人でもアルコールや炭酸飲料、ドレッシングなど酸性の食品は歯のミネラルが溶けてしまうので気をつけましょう。

 

5.喫煙

タバコのニコチンやタールは口内の粘膜を傷つけるし、歯に付着したタールは簡単に取り除くことができません。

キレイにしようと思うとエナメル質や歯茎を傷つけたり、煙は血行障害を引き起こして歯周病になりやすくなるので、喫煙は口の中のいろいろなトラブルを引き起こします。

また、タバコだけでなくアルコールも酸性だったり、唾液を減らしたりするし、飲酒をするとタバコを吸いたくなると言う人もいるので、両方ともペアで考えると良いでしょう。

 

まとめ

口内環境の悪化の原因は、何気ない毎日の生活にあります。

仕事や家事、育児が優先になってしまうだけでなく、定期健診に行く習慣がなく、虫歯にならなければ歯医者に行かない人は気付かないうちに歯周病や虫歯が悪化してしまうこともあります。

口臭や口の粘つきも、口内環境が悪化している証拠!

これにいち早く気付いて改善することが大切です。

歯磨き粉をブリアンに変えるのも良いことですが、それ以外にも口内環境に悪い影響があるものに思い当たる人は、今日からでも改善していきましょう。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ