母子感染を防ぐためには妊娠中に歯科治療を

虫歯菌の感染で一番多いと言われているのが「母子感染」

すでに知られているので、箸やスプーンを共有しないだけではなく、深刻に考えてスキンシップさえも避けてしまっている人もいます。

子供を抱っこしてお話をしたり、キスをしたり。

一昔前なら当然だったことさえも「虫歯菌がうつるから」と言う理由で避けて、神経質になりすぎてしまうこともあるのです。

他にもたくさんの愛情表現やスキンシップはありますが、そもそも母子感染をするというのなら、虫歯菌を減らすことを考えてみてはどうでしょう。

そんな難しいこと・・・

そう思うかもしれませんが、基本的には妊娠中のうちに歯医者に行き、しっかり治療をしておくことはとても大切なのです。

でも、妊娠中って歯医者に行けないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません!

月齢に合った妊娠中の歯科治療について

妊娠中は痛みがある時とか、どうしても!の時しか歯医者に行ってはいけないとか
最低限の治療しかできないと思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

歯科医に相談すれば母子手帳を持ってくるように言われたり、
かかりつけの産婦人科に電話してくれたりなどの対応をしてくれます。

またそれぞの月齢に合わせた治療をしてくれるので、ガマンをするのはNG!

体調に合わせて予約も変更ができるので、自分や赤ちゃんに負担がかからないように
きちんと歯医者に行きましょう。

妊娠初期

4ヶ月くらいまでは、ストレスになることも考え、最低限の治療になります。
つわりや体調がよくなくて上を向いていられないというときもありますが、痛みなどが耐えられない時は安定期に入るまでのとりあえずの治療として短時間で処置をしてくれます。

妊娠中期

5ヶ月~7ヶ月くらいは、きちんと治療ができる時期なので、歯で気になることがあれば、この期間に歯医者に行くようにしてください。
麻酔や抜歯なども問題なくてできます。

妊娠後期

妊娠8ヶ月からは、どうしても!という状態でなければ、治療は産後の方がいいです。
仰向けの姿勢もえらいし、早産や陣痛が起きてしまうリスクもあるので、最低限、妊娠初期と同じく無理のない程度にとりあえずの処置になります。

 

妊娠中だからこそ起きやすい「虫歯」トラブル

妊娠中の虫歯トラブル

出産前にしっかり歯科治療をしておこうと思っていなくても、妊娠中に痛みに耐えられず歯医者に通うということがあります。

歯医者に行こうか迷うことがあるかもしれませんが、絶対に歯医者に行ってください!

妊娠中はホルモンバランスの変化から唾液が変化したり、つわりで歯磨きができなかったりと口内環境は悪化します。

妊娠初期だから不安と言う人でも、中期のうちにしっかり治療をすれば、出産まで安心。

産後も歯医者に行けないとか大変な思いをすることもありませんし、後期でも応急処置をすれば、落ち着いてから歯医者に通院することができます。

まとめ

赤ちゃんに影響が・・・と思っている人もいますが、歯医者もプロなので大丈夫です。

月齢に合わせた対応をしてくれますし、産婦人科とも連携してくれるので、
しっかり出産までに虫歯を治療して、母子感染リスクを下げていきましょう。

また、妊娠中の口内環境の悪化を防ぐためにも、大人のブリアン歯磨き粉を活用して、
産後も赤ちゃんへのスキンシップもためらわない生活を送ってくださいね。

上のお子さんの歯磨きも手抜きになってしまうなら、子供用・大人用のブリアンを
親子で使うと安心です。

早めの対策が産後の子どもへの虫歯感染リスクを下げ、安心へと繋がります。

>>大人もできる口内環境改善を習慣に!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ