唾液が虫歯予防に効果的って知ってました?

歯周病や虫歯など、お口のトラブルを予防するために毎日何度もブラッシングしたり、
様々な予防策をしている方も多いでしょう。

特別なことをしなくても、実は常に口の中に分泌されている唾液が虫歯予防の効果を持っています。

これを知っておかないと、良かれと思ってやっていることが、かえって唾液の効果を妨げている、なんてことにもなりかねません。
唾液が持っている様々な効果を把握しておきましょう。

知られざる唾液の虫歯予防効果とは

虫歯になりやすい大人

唾液の虫歯予防効果の前に、お口の環境についてちょっとまとめます。

まず、口の中は唾液によって中性に保たれています。
食事などで炭水化物や糖分が口の中に残っていると、虫歯菌などがそれを分解し乳酸を生成します。

これによって口の中は酸性になってしまい、酸に弱い歯のエナメル質が溶けてしまいます。

これを避けるために、食後30分程度かけてで、唾液が口の中を酸性に戻してくれているのです。
また、唾液にはリゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェリンなどの抗菌成分が含まれており、
虫歯や歯周病から歯と歯茎を守ってくれています。

さらに唾液には、虫歯のなりかけを回復してくれる再石灰化の効果もあるので、
唾液の効果をしっかりと活かしていきたいところです。

唾液の虫歯予防効果を妨げてしまうもの

今書いてきたように、唾液には様々な虫歯予防効果があります。
書いていないものも含めてまとめると、

・口内を中性に戻してくれる効果
・抗菌成分による虫歯菌、歯周病菌への効果
・再石灰化の効果
・歯垢を洗い流してくれる効果

と、虫歯予防を考えるなら、活かさない手はないですね。

ただ、この唾液の虫歯予防効果も間食の習慣によって台無しになってしまいます。

唾液が口内環境を整えてくれるまでには、30分程度かかるので
ダラダラと長時間間食をしたりすると、口の中が常に酸性になってしまうことになり、
虫歯菌の活動も活発になってしまいます。

それを避けるためにも、食事と間食の間にはしっかりと時間をあけ、
口の中にものを入れない時間をしっかり確保したいですね。

唾液の虫歯予防効果を活かすために、さらに唾液を出す方法は?

唾液の量は個人差がありますが、分泌を促す方法もあります。

まずはしっかり水分補給。
水分が不足していると唾液の分泌も減ってしまいます。

また、顎の付け根にマッサージすることで唾液の分泌を促してくれる、
耳下腺という部分がありますので、気づいたときにマッサージするといいでしょう。

基本的なことになりますが、食事の際によく噛んで食べることで
唾液腺が刺激され唾液の量が増えます。

これらのことを意識して、唾液の虫歯予防効果をじゅうぶんに発揮させましょう。

まとめ

唾液には様々な虫歯予防効果があります。
虫歯だけでなく、歯周病にも効果的なので、最大限に活かしていきたいですね。

そのためにも、唾液の分泌を促すようにしていくこと、と
口の中が常に酸性にならないように、ダラダラ間食したり甘い飲み物を頻繁にとったりは控えることが大切です。

もともと体に備わっている機能をじゅうぶんに働かせて、効果的に虫歯予防してきましょう。

>>大人ブリアンの詳しい情報は公式サイトで

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ