殺菌剤で虫歯予防はできない?デンタルケアの間違い

今、むし歯予防でどんなことをしていますか?

歯磨きや洗口液、デンタルフロスや歯間ブラシなど、いろいろな物をつかっていると思いますが、歯磨き粉や洗口液では虫歯予防ができない可能性があります。

まず、むし歯予防も基本は「ブラッシング」

うがいをするだけではなく、きちんと歯ブラシを使うことで歯の汚れがとれるのは知ってると思います。

ただ、ここで間違えてほしくないのが歯垢(プラーク)は歯ブラシで落とすことができますが、バイオフィルムになってしまうと簡単に洗い流すことができません。

わかりやすくいうと、排水溝とかのぬるぬるやぬめりと同じです。

へばりつくと、簡単には洗い流すことができませんよね。

やっかいなことに、歯周ポケットや歯の奥、隙間がその状態になると、歯ブラシでは取ることができなくなってしまうし、当然洗口液でうがいをするだけではキレイに取れない場合があるのです。

でも、殺菌剤で殺菌してくれるのでは?と思うかもしれませんが、殺菌の意味が違います。

殺菌というのは、都合よく○○菌だけ殺菌してくれると考えない方がいいです。

虫歯菌だけを除去してくれる殺菌剤なら、虫歯予防効果が高くなるかもしれませんが、口の中にいるたくさんの菌を殺菌するので良い菌も関係なくやっつけます。

いわゆる『みなごろし』ですね。

せっかくいた良い菌もいなくなってしまうことが良いこと…とはいえませんよね。

そもそも悪玉菌より善玉菌が多い口内環境なら、悪玉菌は悪さをしません。

今は悪玉菌を云々するよりも善玉菌を増やすことで口内環境を良くして、悪玉菌をおとなしくさせる方法が注目されていて、大人ブリアンもそのひとつです。

殺菌力の強いものよりも「効果」をチェック!

殺菌剤

マウスウォッシュを選ぶときに、殺菌力が強い方がいいという意見があります。

でも、「口内の○%の細菌を除去します」といっても、先ほど言ったように○%がどんな菌がというところをポイントにして考えてみると「う~ん」って思いますよね。

高い殺菌効果があったとしても、歯周病や虫歯の原因になるような菌を選んでくれなければ、口内環境が良くなるとは言い切れません。

細菌=悪いものと考えている人からしてみれば、殺菌効果が強いものは良いものですが、細菌=良い菌もいると考えれば、必ずしも良いものとは言えないのがわかります。

また、先ほど言ったようにうがいだけでは効果がないので、洗口液に浮かしたり、はがして取る効果があるものでなければ意味がありません。

そのため、予防だけなのか除去効果があるのかも確認しましょう。

そしてマウスウォッシュはの使い方ですが「歯磨きの後につかうこと」

万能!と思っている人もいますが、プラークはブラッシングしないと取れないので、歯磨きをした後に殺菌剤で口の中の細菌をやっつけるのです。

予防はあくまで予防。

気をつけたいのが、殺菌効果があるからと口内炎ができた時に使うのはNG!

悪化させてしまうので、しばらく使うのを控えましょう。

まとめ

殺菌剤で虫歯予防ができるという情報がたくさんありますが、殺菌剤はあらゆる細菌を殺菌します。

また、

  • 歯周病菌を殺菌するのに0.1%以上の濃度が必要な物が0.05%しか配合されていない
  • 副作用がある

などの情報もあります。

そのため、洗口液にお金をかけるなら、まずは歯磨き粉や歯ブラシ、歯間ブラシやデンタルフロスなどをしっかり揃えて習慣にした方が虫歯予防効果は高くなります。

プラスαで、定期健診も続けてくださいね。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ