大人ブリアンでインフルエンザが予防できるって本当!?

大人ブリアンでインフルエンザが予防できる…

そんな嘘のような話を聞いたので調べてみたところ『ホントの話』でした。

風邪やインフルエンザなど、病気になりやすい人とそうでない人の違いは体が弱いかどうかというのもあるかもしれませんが「口の中が清潔かどうか」が重要だと言われています。

そもそもインフルエンザは、ウイルスが口や鼻に入り込みますが、ここで口内環境が良くて良い菌がたくさんいるような状態でなければインフルエンザになりにくいのです。

テレビでやっていましたが、鼻をほじる人もかかりやすいとか。

また、それだけでなくインフルエンザになった後も口内環境が悪いと薬が効きにくくなり、最悪重症化してしまう可能性があるので注意が必要なのです。

毎年のように流行に乗って感染する人や予防をしてもあまり意味がない人。

「重症化しないから」と予防接種をする前に、口内環境を見直す必要がありそうですね。

 

歯磨きをしているなら原因は歯磨き粉かも

日本人の10人に1人がかかり、多くの学校で学級閉鎖になるインフルエンザですが、口内環境には気を付けていてもかかってしまう人もいます。

人に会う機会が多いような場合には仕方ないのかな?とも思いますが、実は口の中を清潔にしているつもりでも、きちんとできていない可能性もあります。

1日3回歯磨きをしていたとしても、口内環境が良くなるわけではありません。

たとえば、強い殺菌剤を使ってしまうと虫歯菌だけでなく、良い菌も殺菌してしまうのでインフルエンザ菌のサポートをする菌が結果的に増えてしまい、気道の粘膜の中へ入りやすくなってしまうのです。

そうならないためにも、歯磨き粉や洗口液に「殺菌剤」を見直しましょう。

また、舌磨きも効果的ですが、傷ついてしまうので歯ブラシでは絶対しないでくださいね。

 

なぜ大人ブリアンがインフルエンザ予防にオススメか

ここまでの話で大人ブリアンがインフルエンザ予防にオススメなのか。

理由は分かったと思います。

単純に

  • 殺菌剤が使用されていない
  • 善玉菌を増やして口内環境を良くしてくれる

悪い菌も良い菌も関係なくやっつけてしまう殺菌剤は口内環境を改善してくれるわけではないので、結局ケアを頑張ったとしても口内環境が良い状態よりもインフルエンザには感染しやすいです。

ただ、何もしないよりは口の中の汚れを取る方が細菌は繁殖しにくくなります。

そのため、歯磨きはインフルエンザ予防の第一歩!と考えて、そのうえでより効果的な方法を…と考えると、口内環境を良い状態に保つ大人ブリアンがオススメなのです。

 

まとめ

口の中が汚れていると、インフルエンザだけでなく他のウイルスにも感染しやすくなり、薬の効果への影響があることもわかってきています。

特に小さなお子さんや高齢者、妊娠中や小さなお子さんがいる方は、インフルエンザの予防接種を欠かさなかったり、気を付けているかと思いますが、まずは基本を見直しましょう。

口腔ケアでインフルエンザが予防できるなら、大人ブリアンでインフルエンザを予防する!

またこのほかにも、しっかりうがいや手洗いも習慣にしてくださいね。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ