虫歯だけじゃない!口内環境が悪化したらどうなるか

虫歯は口内環境が悪化したときの症状のひとつですが、それだけではありません。

今改善できなくて悩んでいるものも、ひょっとしたら口内環境が原因の可能性も。

歯医者や病院に行くほどでもないなと思っていたら悪化してしまっていたり、治ってもまたすぐなるから一時的な改善しかされていないような…という時には、口内環境の改善が必要になる可能性があります。

では、おもに悪化するとどんな影響が出るのでしょうか。

 

口内環境が悪化している時の症状

1.虫歯

一番に思いつくのは「虫歯」ではないでしょうか。
歯磨きをきちんとしなかったり、口内環境が悪くなると悪玉菌(虫歯菌)が悪さをして、むし歯になりやすくなります。

 

2.歯周病

日本人のほとんどが歯周病になると言われるくらい多い疾患ですが、大人だけでなく子供でも歯周病になる手前の歯肉炎が多いです。

歯周病は自覚症状がないので、気づかないうちに悪化している人も多く、出血していても気にしないなど、症状があっても歯医者にいかないと人もいますが、実はとても危険な病気なので注意が必要です。

 

3.口臭

マウスウォッシュや間違った口内ケアをすることで悪化させてしまうこともあるし、口臭をごまかすためのものでは改善したことになりません。

唾液が少なかったり、取り除けていない歯垢や口内環境が口臭を悪化させてしまう原因があるので、まずは原因を知って改善する必要があります。

⇒口内環境が悪化する原因はこちら

また、口の中の細菌ではなく、体に原因がある場合もあるので、口臭がキツいときは恥ずかしがらずに病院や歯医者に相談するようにしてください。

定期健診に行っていない人は、歯石や詰め物が取れているなど、気づかないところに原因がある可能性もあるので、痛みがなくても歯医者には行きましょう。

 

4.口内炎

あまりイメージがないかもしれませんが、不規則な生活や歯磨き粉の成分が口内炎の原因になることがあります。

実際に口内炎ができやすいことを医師に相談したら「ラウリル硫酸ナトリウムが入っていないもの」など、医師にアドバイスをもらって歯磨き粉を大人ブリアンに変えたら、口内炎ができなくなった人もいます。

ホルモンバランスや唾液量も関係してくるので、できた口内炎を改善することよりもできないように予防するように心がけましょう。

 

5.その他

口内環境の悪化によって歯周病や虫歯になりますが、これらは歯や歯茎に悪影響を及ぼします。

そのため、そのままにしておくと歯並びや噛み合わせにも関係してきてしまうので、将来的に歯がない状態や美味しく食べ物が食べられなくなってしまうので気をつけましょう。

 

まとめ

口内環境が悪化することで、口の中にはいろいろなトラブルが起きます。

特に気を付けてほしいのが、病院や歯医者に相談をして改善したとしても、その原因を知って改善しなくては治ったことにはならないということ!

虫歯よりも口内環境が悪化する症状の中には、歯周病のように悪化すれば体にも影響があるものの方が怖いし、逆に口内環境に問題が無ければ他のところに病気が見つかることもあります。

そのため、気になる症状があれば早めに専門家に相談して、原因を追究するようにしましょう。

 

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ