口臭の原因には2種類ある!それぞれにあった対処法が重要

口臭が気になって仕方がないという時には、その原因を知って対処していくことが改善の一番の近道となります。

口臭の原因には実は種類があり、それによって対処方法も異なってくるので、まずは自分がどれにあてはまるかを確認してみてください。

口臭の根本的な原因は、口の中に存在している細菌によって唾液の中のたんぱく質や食べカスが分解されたときに発生する「硫化水素」などの硫黄化合物が気体になること。

この時、この化合物が増えてしまう原因によって『生理的口臭』『病的口臭』に分かれているので、それぞれがどのような症状が出るのかを見ていきましょう。

 

生理的口臭とは

生理的口臭を持っている人の場合は、

  • 口が乾き気味である
  • ストレスや疲れを感じやすい、または感じている
  • 舌が白くなりやすい

という特徴があります。

健康な人の場合、通常であれば唾液によって口の中が潤って硫黄化合物が蒸発しにくく、口臭が目立たない状態なのですが、体調不良や口の中の環境が悪くなった時に唾液量が減り、口の中が乾いて硫黄化合物が蒸発しやすい状態を作ってしまいます。

ちなみに、朝起きた時にだけ口が乾き気味で口臭が気になるというケースも、この生理的口臭に含まれます。

そんな生理的口臭を改善するには、唾液量を増やして口の中を潤すことが一番。

  • 食事のときに噛む回数を増やす
  • ガムを噛む
  • 口の中で舌を動かして唾液腺を刺激する
  • 舌の汚れを定期的にチェックする

こうした方法をとるのが近道となります。

ひとつだけ注意してほしいのは、舌の汚れが気になるからと言って歯ブラシで擦ると味を感じる“味蕾”を傷つけてしまう恐れがあること。

必ず舌専用のブラシを使ってください。

 

病的口臭とは

生理的口臭に対して病的口臭というのは口が乾燥してしまうことも原因に含まれますが、それ以外に、

  • 歯茎が腫れていたり、血が出やすい
  • 抜けそうな歯がある
  • 詰め物が取れたり、穴が開いて放置している歯がある

というチェックポイントがあります。

これらにあてはまっている中で口臭が気になるという人は、病的口臭に分類されます。

病的口臭を引き起こしているのが、歯周病菌によるトラブルです。

歯茎から血が出るのも、ぐらつく歯があるのも、歯周病菌が繁殖しているせいで起こり、さらにその菌によって口臭の原因となる化合物がどんどん作られてしまうのです。

このような病的口臭を改善するためには、歯医者で適切な治療を受けるのが先決です。

特に、治療しかけの歯だったり、放置している虫歯や口の中の汚れがあるのならすぐに相談して治療してもらいましょう。

しかし、お口のトラブルが解決したにも関わらず口臭が改善されないという時には、肝臓や腎臓などの内臓の疾患が元で起こっている口臭かもしれないので、その際には内科や外科での検査も視野に入れてください。

 

まとめ

口臭の原因には2種類あり、それぞれ生理的口臭と病的口臭に分類されています。

生理的口臭は唾液の分泌が減っていることが原因なので、口の中を潤わせるように対処していきましょう。

病的口臭の場合は歯周病や虫歯によるもの、または内臓疾患が考えられるので、まずは病院でチェックしてもらうことが大切です。

そして、どちらの場合でも毎日の歯磨きを行う事や舌の汚れが溜まっていないかを確認し、口の中を清潔に保つことを忘れないでおきましょう。

口内環境を改善するには、正しいケアと大人ブリアンがオススメです。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ