大人虫歯の原因!?知らない人は再発する!

大人の虫歯の原因を「歯磨き」と思っている人も多いと思いますが、実はそれだけではありません。

たしかに間違った歯磨きをしてしまうと虫歯予防にならなかったりしますが、良いと思って頑張ってしていることが虫歯になりやすくしてしまう…なんてことにもなってしまうので注意が必要です。

よく「私は虫歯になりやすいから」とか「体質だから仕方ない」と言っている人がいますが、そんな人でもきちんと気をつけることで虫歯になりやすさは変わってくるのです。

治療したのに虫歯を繰り返してしまう。

そんな大人の虫歯には原因があります。

 

虫歯を繰り返す「二次う蝕」

一度虫歯になって詰めたり被せたりすると、同じ場所がまた虫歯になって詰め物が取れたりすることがありますが、この繰り返す虫歯を「二次う蝕」と言います。

そしてこの虫歯を繰り返す原因のひとつが銀歯です。

丈夫で安価、保険の使える治療法として「銀歯」は一般的な治療法ですが、世界では日本だけ。

そういえば、海外の人で銀歯って見かけることがありませんよね。

最近では銀歯についてのデメリットも知られるようになりましたが、銀歯は錆びや劣化、つけるときのセメントの劣化から見えないところで虫歯ができて、悪化してしまうのです。

そのため、虫歯ができないようにするため劣化しにくいセラミックでの治療が良いということもわかリ、日本でも浸透してきています。

歯の治療をして被せたり詰めたりするときに、虫歯菌が一緒に入ってしまうと当然虫歯になりやすくなるし、治療をした歯の境目や詰め物をしたことで歯との間にできる隙間には汚れがたまりやすくなってしまいます。

また、それだけでなく治療をしたところは劣化して、隙間が広がっていくと、知らない間に虫歯を悪化させていることがあるので、特に神経を抜いてしまった歯は注意が必要です。

歯は毎日飲んだり食べたりするだけでも、熱いものや冷たいもの、噛むことでも負担がかかります。

歯ぎしりをしたりとクセがある人は、無意識で必要以上に負担がかかっているので、治療した歯にも影響が出てしまうことがあるので特に要注意!

最初は神経を抜くことがない歯でも、治療を繰り返していると神経を抜かなければいけなくなることがあるし、さらに繰り返していけば、最終的には抜歯しか方法がなくなってしまうこともあるのです。

そうならないためには虫歯にならないことが一番ですが、虫歯になって治療をしたら「二次う蝕」を防ぎましょう。

⇒子供用で大人気!大人用ブリアン公式サイト

 

虫歯を治すだけでは意味がない!?

虫歯を治療しても

  • 虫歯になる原因
  • 口内環境

など、もともとの虫歯になったときの状況が変わらなければ、また同じように虫歯になってしまいます。

治したのに?と思うかもしれませんが、虫歯になる状態のままでは虫歯になりやすい環境はなにひとつ変わっていないので、治療だけでなく全体的に改善していくことが大切です。

歯医者で治療するときに、ブラッシング指導やクリーニングをしてくれることがありますが、それでおしまいではなく、その後も定期健診で治療した歯や他の歯をきちんと確認してもらうようにしましょう。

ここをきちんとするかしないかで、虫歯が再発するかどうかが変わります。

 

まとめ

歯磨きがいけないのかな?とかいろいろ考えてしまう大人の虫歯の原因は「治療した歯」

銀歯より耐久性の強いセラミックで治療する方法もありますが、保険適用外なので費用負担が大きいため、正直簡単なことではありませんよね。

そのため、虫歯の治療後は歯磨きや口内環境の改善、ブリアンやキシリトールを愛用したりと自分でできることだけでなく、メンテナンスとして定期健診に行き、繰り返す大人虫歯の原因を早めに見つけてもらいましょう。

>>虫歯になりやすい大人にブリアンがなぜ必要か

⇒大人ブリアンのキャンペーン情報はこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ