大人の虫歯予防!コレをすれば子供も安心

大人の虫歯予防は、子どもやパートナーへの感染も防ぐことができます。

子どもを虫歯にしたくない!と一生懸命虫歯予防を頑張っている人が多いですが、感染源になる確率の高い親がきちんとしないと、子どもが虫歯になる確率も高くなってしまうのです。

虫歯になりやすいとわかっていても大人だから…とあきらめるのではなく、大人だからこそしっかり予防をしていかなくてはいけません。

そのため、一番大切なのは「虫歯菌」を少しでも減らすことです。

 

虫歯菌を減らすことってできるの?

虫歯菌除去!というと、思い浮かぶのがブリアンのブリス菌ですが、100%死滅させられるわけではありません。

それなら意味がないのでは?と思うかもしれませんが、口の中にいたとしても必ず虫歯になる!というわけでないので、虫歯菌を減らすことは虫歯予防には効果的な方法のひとつなのです。

BLIS M18は善玉菌なので、ブリアンを口の中に入れると善玉菌が増えるので悪玉菌が大人しくなり、悪さをしなくなるというわけですが、ここがポイント!

口内環境を良くするには、善玉菌を増やしたり虫歯菌を減らさなくてはいけません。

殺菌剤(歯磨き粉の成分)のようにすべての菌を殺してしまっては意味がないし、フッ素でも直接的な菌への効果はないと言われると、何をしていいの?って思うかもしれませんが、単純に「セルフケア」で虫歯菌を減らすことは可能です。

 

歯磨きだけのセルフケアではキレイにはならない

虫歯予防とセルフケア

生活習慣を改善したり、今の口内環境を悪くする原因を排除していくことで変えていくことができますが、なかなか難しい!と言う人は「正しいセルフケア」をはじめましょう。

正しい?と思うかもしれませんが、まず基本は『正しい歯磨き』

まずは、定期健診で歯磨き指導をしてもらうことでブラッシングによる磨き残しを減らすことができますが、親子で正しい歯磨き指導をしてもらうのがオススメで、家族で改善すれば虫歯予防率がアップします。

でも、実は歯磨きだけでは60%ほどしか汚れが落ちないのでデンタルフロスも必要です。

歯磨きをしっかりしているのに口臭や歯周病、むし歯が気になる人は、歯垢が取れていないのでデンタルフロスも必ず習慣にしましょう。

そしてもうひとつ。

若い世代にはオススメしませんが、歯周病や歯ぐき下がりや歯の隙間が気になる40代くらいからは歯間ブラシも併用してください。

歯間ブラシと歯ブラシを使うと歯垢除去効果は95%とかなり高いですが、自分に合ったサイズを使わないと傷つけてしまうこともあるので注意してくださいね。

またブリッジをしている人は、デンタルフロスが入らないので歯間ブラシをオススメします。

 

まとめ

大人の虫歯予防は、子どもへ虫歯菌を感染させたないために重要です。

清潔に保つつもりが、マウスウォッシュや殺菌剤で口内環境が悪くなってしまったり、結局歯垢がきちんと取れていなくて虫歯菌を増やしてしまい、治療した歯が虫歯になることを繰り返してしまうことも。

そうならないためには、まずは基本的なことを正しくする必要があります。

虫歯予防先進国では、小さな時からデンタルフロスを使ったり、年間の歯ブラシやその他のグッズに使う費用が日本より多いことがわかっています。

口内ケアは虫歯予防にとって重要です。

大人が虫歯予防を正しく習慣にすることで虫歯菌を減らし、子どもも同じように小さなうちから正しい習慣を身に着けることで虫歯ゼロを目指しましょう。

 

>>親子で虫歯対策!大人ブリアン公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ