妊娠中の歯科治療!麻酔・レントゲン・薬の3つは大丈夫??

妊娠中に突然歯が痛くなった!とか詰め物が取れてしまった!なんてことがあります。

そんな時は、月齢に関係なく『まずは歯医者に相談』するようにしてください。

痛みがあるのにガマンし続けるのは大変!

しかも、妊娠初期・中期・後期によっても産後歯医者へ行くまでの期間はかわるので、妊娠初期なら安定期に入ってから治療をしてしまう方が良いです。

また、臨月だとしても痛みを耐え続けることは難しいです。

ただ、妊娠すると妊娠中の治療以上に気になるのが、麻酔・レントゲン・薬のこの3つ。

子供に虫歯菌をうつすのは怖いけど、やっぱり妊娠中は赤ちゃんへの負担が気になりますが、実際どうなのでしょうか。

麻酔・レントゲン・薬の影響と注意点

妊娠中と麻酔・薬・レントゲン

初診の時に書く用紙には妊娠している(可能性がある)かどうかを書くところがあります。

しかし、その時は妊娠していることに気付かずに後でわかることがありますが、共通の注意点として、麻酔やレントゲン、薬を服用後に妊娠が分かった場合は医師に相談しましょう。

不安な思いでい続けるよりも、専門家に聞いた方が安心です。

ただ、一般的に麻酔・レントゲン・薬については下記の通りになります。

麻酔

歯科治療は局所麻酔になりますが、量的にはとても少ないです。
また種類としては無痛分娩にも使われるものなので、妊娠中でも安心して使えます。

胎児への影響を心配する人もいますが、この麻酔薬は赤ちゃんや母乳に影響せず、尿で排出するので問題ありません。

とはいっても、治療によっては麻酔以外のことが母体や胎児に影響してしまうこともあるので、妊娠していることがわかっている場合は必ず伝えてください。

レントゲン

歯医者でレントゲン撮影をしたことがある人は分かると思いますが、顔の口の部分だけなので赤ちゃんへの影響はないと言えます。

ただ、妊娠中ということでエプロンを使用してくれる歯医者もあります。

また、初期の場合は治療内容(症状)によっては遅らせるなどの対応ができるので素直に相談しましょう。

痛み止めや炎症を抑える薬、抗生物質など必要に応じて薬が処方されることもありますが、妊娠初期の場合は処方されなかったり、治療を遅らせたりと月齢に合わせて対処してくれます。

妊娠中ということで、月齢に合わせた対処はかかりつけの産婦人科に連絡してくれたり、歯医者に相談すれば対応してくれるので大丈夫です。

>>子供のために親も虫歯予防が大切!

まとめ

妊娠中だからと虫歯をガマンしたけど、どうしても我慢できずに後期の出産前に歯医者に・・・
なんてことにならないためにも、気になったら早急に歯医者へ相談しましょう。

麻酔・レントゲン・薬に関しても、月齢に合わせて対応してくれるので安心です。

また食欲旺盛になって再石灰化ができないまま脱灰ばかりで虫歯になってしまったり、つわりで歯磨きができないこともあり、妊娠中は虫歯になりやすくなります。

そのため、キシリトールやデンタルフロスなどを使用したり、大人のブリアン歯磨き粉で虫歯菌や歯垢除去をしたりとできることをしていきましょう。

そして、産後も歯医者に行けないことを考えれば、安定期のうちに歯科検診に行ってクリーニングや検査をしてもらうと安心です。

口内環境が悪くなりやすい時期だから、大人もブリアンを活用して虫歯治療のリスクを回避していきましょう。

⇒大人ブリアンを購入するならお得な公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ