大人の歯磨きで菌を増やしてしまうこと、してませんか?

普段しっかり歯磨きをしているのに、なかなか口の中のトラブルが改善されないことってありませんか?

実は…大人の歯磨きでは菌を逆に増やしてしまうことがあるのです。

しかも、1日何回も歯磨きをしたり、マウスウォッシュを欠かさなかったり、口臭ケアや歯をキレイにしたいために、頑張っている人ほどこそ、悪玉菌を増やしてしまっているかもしれません。

頑張れば頑張るほどリスクが高くなる・・・

その秘密は、単純なところにあるのです。

 

歯磨き粉やマウスウォッシュのデメリット

歯磨き粉やマウスウォッシュの殺菌剤効果を「悪い菌を排除してくれる」と勘違いしている人がいますが、都合良く菌を選んで殺菌するわけではないので、悪玉菌も善玉菌もすべて殺してしまいます。

殺菌=悪い菌に効果があると思っていると、善玉菌も排除してしまうので、結果的にトラブルは改善されません。

それどころか、前よりも口内環境が悪くなってしまうことだってあり得るのです。

これが歯磨き粉やマウスウォッシュのデメリットで、正しい歯磨きをしていても、1日1回しか磨かない人よりも3回磨く人の方が歯磨きのし過ぎは知覚過敏にもなるし、トラブルが多い…なんてことも。

殺菌剤は常在菌を殺してしまうので、体の機能が低下したり、長期使用で歯ぐきや歯にも影響するとも言われているので、体や口の中への影響は決して良いものではありません。

赤ちゃんにキスする前にマウスウォッシュって菌を減らす!という考え方もありますが、善玉菌も減ってしまうことを考えれば、他の方法の方が効率が良いです。

今は『殺菌剤で悪玉菌も善玉菌も殺してしまう』と言う方法よりもブリアンのブリス菌のような『善玉菌を増やして悪玉菌をおとなしくさせる』という考えの方が一般的になってきています。

 

そもそもプラークを取り除くなら大切なのは「ブラッシング」

歯の汚れとブラッシング

口臭や虫歯、いろいろな原因になるのが歯垢ですが、マウスウォッシュをするだけでは歯垢は取り除けません。(取り除けるタイプもあります)

歯に付着したプラークや汚れはブラッシングをしないと意味がないので、特にマウスウォッシュは口臭をその場だけごまかしているだけと考えた方が良いです。

しかも、殺菌剤で善玉菌も減らしてしまうことを考えたら、キシリトールのタブレットやガムの方がオススメです。

歯磨き粉も泡が邪魔してブラッシングがきちんとできないと、磨き残しが虫歯菌を増やす原因になってしまうので、3回、5回と回数磨くよりも1回しっかり磨いたほうが口内環境は改善されます。

ブリアンでもそうですが、まずは汚れや歯垢を取り除くのにはブラッシングをして、より完全にするためにデンタルフロス、歯ぐきやブリッジなどの状態によっては歯間ブラシを使いましょう。

 

まとめ

大人の歯磨きで菌が増えてしまうことは、誰にでもあることです。

特に歯磨き粉やマウスウォッシュを使っている人は要注意!

成分にこだわって使っているのであれば良いですが、殺菌剤に対する解釈を間違えている人はまだまだいて「キレイにしてくれる=良いもの」と勘違いしていると、口内トラブルは改善できません。

うがい・ゆすぎではなく、菌の住み家やエサを減らすならブラッシングをすること。

そして、歯磨きは回数ではなく『正しくしっかりプラークを取り除く』ことを心がければ、虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌を増やすことを防げます。

>>『大人ブリアン歯磨き隊』TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ