夫婦でも菌はうつるの?気になるおとなの「感染」

虫歯は感染する感染症という話が有名になり、子どもに虫歯菌を感染させないことが大切!と言われていますが、親子だけでなく、友達同士でも虫歯菌は感染してしまいます。

またそれだけでなく、夫婦でも菌はうつるのです。

ただ、キスをしてもうつる・うつらないと意見が分かれていますが、子どもに虫歯菌が感染するとしたら、当然子どもだけでなく大人にも同じことが起きることは十分に考えられます。

しかし、きちんと対策をしておけば、仮に感染したとしても虫歯や歯周病に悩むことはなくなります。

 

夫婦や親子、他人も!?誰にでも菌は感染する

菌の感染

虫歯菌の感染理由として、唾液や箸や食器の共有などがありますが、日常的に人と話したり、咳をしている人が周りにいれば、家族だけでなく他人でも菌が感染する確率があるということです。

風邪やインフルエンザ、学校で流行る病気は空気感染や唾液感染など、いろいろな感染方法がありますが、感染する・しないで考えると、虫歯菌や歯周病菌などの口の中の悪い菌も「感染する」と考えてください。

実際に夫婦や親子の虫歯菌や歯周病菌のDNAを調べてみたら、同じだったという結果もあります。

キスでうつるとかうつらないとか言われますが、夫婦も親子と同じで、食事を一緒にすれば食器の共有をしたり、ペットボトルや飲み物だって一緒に飲むことで細菌がうつる可能性はあるということです。

子どもの虫歯予防は母子感染!と知って、一生懸命母親も虫歯予防をしていたとしても、父親がしていなければ父親から母親や子供へ感染して意味がなくなってしまいます。

誰でも感染するから子どもの虫歯をできるだけ防ぐためには、「感染予防」と子どもの周りにいる人たちも一緒に口内ケアをしていくことが重要です。

 

感染しても発症しなければ虫歯にならない!?

ミュータンス菌は大人は感染しないという意見もありますが、大人になって虫歯になるのはパートナーが原因という意見もあります。

もちろん、それ以外の原因もありますが、それ以上に知っておきたいのが「感染と発症」です。

感染症で『菌をもっていても発症しないことがある』ということを聞いたことがありませんか?

虫歯もこれと同じで、口の中も悪玉菌と善玉菌の細菌バランスが良くて善玉菌が多ければ、虫歯菌に感染したとしても虫歯になることはありません。

子供もまったく人と触れ合うことをしなければ100%虫歯菌に感染しないかもしれませんが、それは無理な話なので

  • 虫歯菌に少しでも感染しないようにすること
  • 感染しても虫歯にならないように細菌バランスを良くすること

この2つをしっかり守り、口内環境を常に良い状態にしてけば虫歯になることはありません。

夫婦でも菌はうつるので、歯周病対策でもこの2つは重要です。

そう考えると、発症させないためにも、感染はいくつになっても気をつけなくてはいけませんね。

 

まとめ

菌が感染するのに大人、子供も関係ないと考えれば、夫婦でも菌はうつると考えた方がいいです。

ただ、感染だけでは発症しません。

キスでうつるかうつらないかを考えるよりも、自分がうつさないようにすることが大切!

それがきちんとできれば、子供にも家族にも菌をうつす心配もなくなるし、仮に菌をうつされたとしても口内環境が良ければ、虫歯や歯周病の心配もなくなります。

そして、夫婦間できちんと守れば、子供への虫歯予防にも繋がります。

できることなら、祖父母も含めてみんなで気を遣っていくようにしましょう。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ