歯周病はうつるってホント?遺伝は?気になるQ&A

日本人の多くがなると言われる歯周病はうつるとも言われますが、本当のところはどうなのでしょうか。

また歯周病はうつる以外にも遺伝などの要素があったり、なりやすい人となりにくい人がいるのかなど、気になる歯周病に関するQ&Aをまとめてみました。

 

歯周病はうつる?

歯周病は虫歯菌と同じように細菌による感染症なので「うつります」

唾液で人から人へうつるので、親子や夫婦でももちろんうつりますが、虫歯菌同様感染したとしても発症するとは限らないので、うつさないことと感染後に発症しないようにすることが大切です。

母親から子供にうつる?
細菌感染と考えれば、母親からうつる可能性はあります。
ただ、歯周病の原因はプラークなので、きちんと子どもに正しい歯磨きやデンタルフロス、定期検診をしていれば安心です。

 

歯周病は遺伝する?

歯周病が多因性疾患なので、病気や環境など様々な要因があって発症するため、遺伝することは一般的にはないのですが、歯周病になりやすい体質は遺伝することがあります。

また、若年性歯周病は遺伝要因がある可能性があると言われていますが、まだ確実なことはわかっていません。

歯周病が原因で他の病気になることはありますか?

歯周病が原因で病気になることもあれば、その逆で病気が原因で歯周病になることがあります。

特に病気が原因の歯周病は治りにくかったり、重症の歯周病が原因で病気になる時には、血液や呼吸器に入り込むので命にもかかわることがあるので注意しましょう。

歯周病にかかりやすい人はいますか?

歯周病はホルモンの影響も関係するので、妊娠中や閉経前後の女性は炎症しやすいです。

また、喫煙などの生活習慣や病気など、かかりやすくなる要因は多々あるし、飲酒など直接的な要因にはならなくても、疲れて歯を磨かずに寝てしまったり、歯磨きが適当な人も歯周病を悪化させる可能性があります。

歯ぎしりや歯並びなど歯周病の原因になることはありますか?

噛み合わせや口呼吸、出っ歯(歯ぐきが乾燥しやすい)など、歯周病の原因になったり、悪化させてしまう可能性があるものはあります。

また、歯ぎしりのように直接的な原因にはならなくても、歯に負担をかけてしまうようなものは悪い影響を与える可能性はあるので、気になることがあれば早めに改善する方が良いでしょう。

歯磨き粉は歯周病に効果がありますか?
歯周病予防効果があるといっている歯磨き粉でも、大切なのはきちんとブラッシングできているかどうかです。

泡が邪魔でプラークが取れていなければ、結局薬用成分が配合されていても意味がないことがあるので、気をつけましょう。

 

まとめ

歯周病はうつるけど、遺伝は一般的にはありません。

ただ、細菌は感染しても発症しないこともあるので、ブラッシングや口内環境を整えることが重要!

大人ブリアンのブリス菌のように歯垢除去成分配合のものや、殺菌剤や発泡剤が使用されていないもので、きちんと歯を磨くことで、プラークをしっかり取り除いていきましょう。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ