大人ブリアンは歯周病にも効果あり!大人の悩みを解決

「歯周病」はお口のトラブルとして、虫歯と並んで多くの人が悩んでいます。

また、治療しても治療しても虫歯を繰り返してしまうという人は、その原因が歯周病にあるかもしれません。

年齢と共にお口の中のトラブルもどんどん増えてしまうものですが、そんな歯周病に効果が期待できる大人用のブリアンで、口内環境を整えていきましょう。

 

歯周病とは?

歯周病

そもそも、歯周病というのはどんな症状があるのでしょうか。

もし、以下で当てはまることがある場合は、歯周病を疑ってみてくださいね。

  • 口臭が気になり始めた
  • 歯の隙間に物が詰まりやすくなった
  • 歯が長かったり、大きく見えるようになった
  • 歯茎が腫れていたり、色が悪い気がする
  • 口の中が粘ついたりなどで不快感がある

こうした症状が現れるのが、歯周病の原因となる菌が口の中に存在している証拠。

歯周病というのは虫歯とは違って、歯だけでなく歯茎はもちろん口の中全体的にトラブルを引き起こすことが特徴です。

原因菌が口の中で増えることで症状は酷くなってしまいますが、菌を増やしてしまうのは生活習慣や食生活の乱れ、歯磨きが不十分であることなどが考えられます。

例えば、寝不足になったり疲れがたまると唾液の分泌が減って菌を減らす働きが鈍ってしまいますし、食べかすなどを洗い流すことができません。

また、ストレスでの食べ過ぎは口の中が酸性に傾いてしまって、歯周病菌や虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。

さらに、歯ブラシで歯茎を傷つけるほど強く磨いたり、逆に適当なやり方になると口の中はどんどん汚れます。

こうした状態が総合的に絡み合うことで、歯周病が引き起こされてしまうんです。

 

大人ブリアンで善玉菌を増やして!

大人ブリアンが歯周病に効果的であるという理由は、ずばり善玉菌を口の中で増やし、悪い菌の活動を弱めて口内環境をいい方向へと導いてくれるから。

大人用のブリアンに配合されている善玉菌は、歯垢除去効果が高い『BLIS M18』、口臭予防効果の高い『BLIS K12』の2種類。

強力な殺菌剤で菌を殺すのではなく、この2種類の善玉菌によって歯周病の原因となる菌のはたらきを弱めていくので、口の中に余計な刺激を残しません。

例えば、歯周病は口の中が乾きやすく、そのせいで口臭やネバつきが起こるのですが、そこに強い殺菌効果のある歯磨き粉を使うと余計に口の中が乾いて悪循環を起こします。

菌を殺しているはずなのに、状態が全然良くならないんです。

一方で、大人ブリアンは刺激のある成分を配合していないので、こうした悪循環を起こしません。

これまでどんな歯磨き粉を使ってもダメだった…と言う人は、大人ブリアンで歯周病対策を始めてみるとその変化に驚くこともあります。

ヨーグルトを食べて腸の中に善玉菌を増やすと健康にも良いのと同じく、口の中の環境を整えてくれる善玉菌も、大人用のブリアンでどんどん増やして歯周病を効果的にケアしていきましょう。

 

まとめ

大人ブリアンは歯周病菌の働きを弱める働きがあり、口内環境を良くしてくれます。

強い成分や、刺激になる成分が入っていないのでトラブルを抱えていても使えるというのも大きなポイントです。

歯周病の疑いがあるときには、口の中でそれだけ悪い菌が増えてしまっているということなので、強い成分でさらに刺激を与えてしまっては状態は悪化するばかりです。

だからこそ、大人用のブリアンで菌の影響を減らすことを第一に優先していきましょう。

>>意外に知らない大人虫歯の原因とは

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ