治療より予防へ!大人の定期健診で子どもも虫歯ゼロ

子供の虫歯予防に一生懸命になっている人が多いですが、生まれたばかりの子どもは虫歯菌が口の中にいないことがわかっています。

そして、むし歯は虫歯菌が感染する「感染病」だというのもわかってきています。

それだけではなく、虫歯菌の感染を防ぐことが難しいというより「100%ムリ」だということも。

でも、昔より甘いものが多い今、子供の虫歯率が減少している国もたくさんあるように、予防が可能なことも知られているので、フッ素塗布やブリアンを使ったりと子どもへ一生懸命予防対策をしている親も多いですよね。

しかし、それ以上にしてほしいのが「大人の虫歯予防&対策」なのです。

「私は虫歯になりやすいから、子供は…」は間違い

よく

「私は虫歯になりやすかったから、子供の虫歯予防は徹底している」

「私は虫歯になりやすいから、子供だけは・・・」

そんな親御さんいますよね。

実は私自身も虫歯になりやすかったので、子供には同じような思いでいました。

でも、子どもが虫歯になる一番の原因は『母子感染』なので、実際親がまず虫歯予防や対策をしないと、虫歯菌が多い状態で子どもと接していては虫歯になりやすいリスクは変わらないのです。

実際に虫歯になりやすい子どもの虫歯菌と親の虫歯菌のDNAは同じなことが多いので、親が口内環境を改善することが子どもの虫歯リスクを下げることにもなるのです。

つまり
「私は虫歯になりやすいから、まずは私が・・・」

この方が、虫歯菌感染は防ぎやすくなります。

もちろん、親が徹底していたらいいと言うわけではありません。

友達や家族と虫歯菌はどこから感染するかはわらかないので、親子でブリアンを使ったり、虫歯菌の感染予防は続けるようにしましょう。

子どもと一緒に家族で習慣に

虫歯と家族

治療より予防の時代、定期健診が大切と言われていますが、これは子どもだけではありません。

虫歯になったことがある・虫歯になりやすい大人も定期的に歯医者に通うことで、初期虫歯を見つけたり、口内環境を良い状態に保つことができるのです。

また、生活習慣も虫歯の原因になるので、食事や食べるもの、睡眠など日々の生活も子供と一緒に気を付けることで、家族全員が意識することができるし、子供だけオヤツをガマン!ということもありません。

祖父母が甘くて悩んでいるなら、祖父母にも意識してもらうことと、聞いてもらえなくてもオヤツを与えてしまった後の対応次第で変えることができます。

まとめ

親が定期健診に行くことは、正しい歯磨きや知識が身につくので大切なことです。

虫歯になってから治療ではなく予防のために定期健診に通うと、自分では気づかなかった初期虫歯が見つかったり、歯や歯ブラシ、歯磨きのことでも相談できます。

また、大人が手本となって定期健診を受けることで、子どもの恐怖心が変わることも。

親が定期健診をするのには

  • 子どもへの虫歯予防
  • 自分の虫歯予防
  • 子どもが歯医者に行きやすくなる
  • 子どもの歯磨きが正しくできる

‥など。

メリットがたくさんあるので、ぜひ親子で習慣にしていきましょう。

>>大人ブリアン歯磨き隊TOPへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ