大人ブリアンは使い方次第で効果がアップ!

大人ブリアンの使い方はとても簡単。

特別な使い方はなく、基本的にいつも使っている歯磨き粉をブリアンに変えるだけでOKです。

ペースト状ではなく粉状なので「使いにくいのでは?」と思うかもしれませんが、使い方通りにすれば飛び散ったり、不便に感じることもないので安心です。

 

ブリアンの使い方

大人ブリアンの使い方

 

ポイントとは3つ。

1.歯ブラシを水でぬらす

ペースト状は泡が出て磨きにくいので歯ブラシを水で濡らしませんが、ブリアンは発泡剤を使用していないし粉状なので水で濡らすと歯ブラシについてこぼれにくくなります。

 

2.2~3分ほど歯磨きをする

ブリス菌を口の中に入れたら、なるべく口の中に留まらせることが大切です。
細かい粒子が奥歯や歯と歯の間に行き届くことで、ブラッシングをすると普段取り除けない歯垢も取り除くことができるので、歯周トラブルを改善してくれます。

 

3.ゆすぎすぎない

ブリアンは唾液を出すだけでも良いので、水でゆすがなくても良いです。
マウスウォッシュとして使ったり、舐めるだけで口内菌を安定させる働きもあるため、ゆすぎすぎないようにしましょう。
成分が口の中に残って違和感があると言うこともありません。

 

大人ブリアンは使い方で効果が半減してしまうことも・・・

大人ブリアンと併用

もうひとつ気を付けてほしいのが「併用」

キツイ刺激が好きな人は歯磨き粉でもマウスウォッシュ(洗口剤)でも刺激が強くないと物足りないと感じるかもしれませんが、併用してしまうとブリス菌の効果がなくなってしまうかもしれません。

その理由は殺菌剤。

殺菌剤というと、殺菌してくれるからいいのでは?と思うかもしれませんが、悪い菌だけでなくすべての菌が…と考えれば、良いことではないのがわかります。

BLIS M18やK12は善玉菌ですが、せっかく歯磨きで口内環境を良くしたとしても、殺菌剤の入っているマウスウォッシュや歯磨き粉を使ってしまうと、すべての菌をリセットしてしまうのです。

しかも、ブリス菌はとてもデリケートなので、殺菌剤以外のフッ素などの成分によっては効果が失われてしまう可能性があるので、併用するのはやめましょう!

 

持ち歩ける個別包装だから便利!

ブリアン個別包装

ブリアンは1回分0.5gの個別包装になっているので、持ち歩くのにとても便利です。

出張や旅行、泊りがけや不規則な仕事の人でも活用できるし、歯磨きができない環境でもマウスウォッシュとして使うことができます。

歯垢を除去するならブラッシングが必要になりますが、子供を虫歯にしたくない・口の中のトラブルを予防&改善したいと思えば、毎日習慣にすることが大切なので、手軽に持ち歩けるから継続しやすいですよね。

また

  • 水が少量でいい
  • ゆすがなくていい
  • 赤ちゃんから大人まで使える

などのメリットがあって災害時にも役立つので、我が家では未開封の1箱を避難袋に入れてあります。

いざという時に60包入っていて、赤ちゃんから高齢者までみんなが使えるので便利です。

 

まとめ

大人ブリアンは使い方次第で効果がかわります。

正しく継続して使えば効果もありますが、使ったり使わなかったり短期間でやめてしまったり、他のものと併用してしまっては効果が半減、またはゼロになってしまうので注意しましょう。

口臭や歯ぐきの腫れや出血などは効果がわかりやすいですが、虫歯予防など見えにくいものも。

ただ、お口の粘つきや翌朝に違いを感じるようになったら効果が出ているので、大人ブリアンの使い方を守り、効果を持続していくように心がけてくださいね。

 

>>大人用ブリアンでアルコールの虫歯リスクが変わる!?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ